インプラント

しっかりと噛めて、自然な噛み心地が魅力のインプラント

失った歯の機能と見た目を天然歯に近い感覚で取り戻せるのが「インプラント治療」。顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療です。駒沢大学駅前の歯医者「高野デンタルクリニック」では、入れ歯のずれや痛みにお悩みの方、また歯を失ってもしっかり噛みたいという方にインプラント治療をおすすめしています。

インプラントのメリット・デメリット

どんな治療にもメリットとデメリットがあります。治療を受ける前には、特徴をしっかり理解しておきましょう。

メリット デメリット
インプラントのもっとも大きなメリットは、審美性・機能性ともに天然歯に近く、違和感がないことです。また失った歯のみを治療するため、噛み合わせが安定するのはもちろん、部分入れ歯やブリッジのように、まわりの健康な歯に負担をかけることもありません。

治療は、歯を1本だけ失ったとき、あるいはすべての歯を失った場合に対応。定期的なケアを続ければ、長期間にわたって美しい見た目と安定した噛み心地を維持することができます。
インプラントのデメリットとして挙げられるのは、外科手術が必要であることです。手術が必要なため治療期間が比較的長く、費用もほかの治療に比べて高額になってしまいます。

優れた噛み心地や見た目を維持するには、ご家庭での適切なケアに加え、歯科医院での定期的なメインテナンスが必要。また、顎の骨の状態や全身疾患の有無などによって、適用できないケースもありますので、事前に確認することも大切です。

最新設備を使った安全で手術時間も短い、最新のインプラント治療

インプラント治療は外科手術が必要なので、さまざまなリスクを伴います。当クリニックでは、インプラント治療を短時間で安全に行うため、さまざまな最新の技術を取り入れています。

歯科医療用CTを用いてより安全な施術を可能に

当クリニックではインプラント治療に歯科医療用CTを使用しサージカルガイドを作成します。サージカルガイドとは、インプラントを埋め込むための穴をドリルであける際、着地点や角度を正確に導くための医療器具です。

最初に患者様の顎の石膏(せっこう)模型を採り、その模型からつくった「ステント」というマウスピースのようなものを口腔内に入れてCT撮影。CTで撮影したデータをインプラント専用の高精度解析ソフトで立体画像化し、患者様に適した治療計画を立てます。その計画にもとづき、3次元立体プリンターによって「サージカルガイド」を製作するのです。

「サージカルガイド」を用いることでドリリングの精度が格段に上がり、手術時間も短縮。安心・安全なインプラント治療を実現することができます。

顎の骨が少ない場合の処置について

インプラント治療では、インプラントを埋め込むために十分な顎の骨量が必要です。顎の骨が少ない場合は、以下の治療によって骨量を増やしてからインプラント治療を行います。

ソケットリフト

上顎の骨の厚みが不足している場合に行う治療です。インプラントを埋め込む穴から上顎の空洞である「上顎洞(じょうがくどう)の底部を押し上げ、骨補てん剤を注入して骨の厚みを確保します。

GBR

「GRB」もソケットリフト同様に顎の骨が不足している場合に行う治療です。骨を再生させたい部分にメンブレンという特殊な膜を入れてスペースを確保し、骨より再生スピードが速い歯肉が侵入するのを防ぎながら、人工の骨補てん材や自家骨(移植するための骨)を用いて骨の再生を促します。インプラント埋入前に行う場合と、埋入と同時に行う場合があります。

インプラント治療の流れ

1回法

顎の骨量が十分にある場合に適応する治療法です。1回法は外科手術が1回で済み、患者様の負担が少ないというメリットがあります。ただし、インプラントと骨が結合するまでの間に細菌感染する可能性があり、完全に結合していないうちに力がかかって骨や結合に悪影響を及ぼすこともあります。

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
歯ぐきを切開し、インプラントを埋め込むために顎の骨に穴をあけます。 顎の骨にインプラントを埋め込み、アバットメント(インプラントと人工歯を接続する部分)を取り付けます。 アバットメントが露出した状態で縫合して3~6ヶ月ほど経過を待ちます。 インプラントと骨が完全に結合したら人工歯を装着して終了です。
2回法

1回目の手術でインプラントを埋め込んだ後、歯肉の中にインプラントを隠して結合を待ちます。その後インプラントと顎の骨が結合したら、再び歯ぐきを切開して、アバットメントと人工歯を取り付けるのが2回法です。2回の手術が必要になりますが、骨量が少なく移植や再生が必要である場合などには、細菌感染のリスクを減らすため2回法を用いることがあります。

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
歯ぐきを切開し、顎の骨に穴をあけます。 顎の骨にインプラントを埋め込みます。 インプラントが露出しないように歯ぐきで覆い、3~6ヶ月ほど骨の結合を待ちます。 歯ぐきを再び切開し、アバットメント(連結部分)を装着します。 アバットメントに人工歯を装着して終了です。

35.63379682411937,139.6607225730163

高野デンタルクリニック

35.6342241,139.66065819999994