歯周病治療

歯周病はとても身近な病気です

歯周病は、成人の約8割がかかっている、または予備軍であるといわれている、とても身近な病気。プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が、歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かし、進行すれば歯は抜け落ちてしまいます。実は日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられているのが「歯周病」なのです。

駒沢大学駅前の歯医者「高野デンタルクリニック」では、歯周病治療に力を入れています。「歯ぐきの腫れ」や「出血」といった歯周病のサインがあれば、できるだけ早く当クリニックにご相談ください。

今すぐ歯周病リスクのチェック

歯ぐきの色が濃い赤、または黒っぽくなっている
ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
歯と歯の間にものがよくはさまる
歯ぐきが下がり、歯が長くなったように感じる
冷たいものがしみる
朝起きると口の中がネバネバする
口臭を指摘された
硬いものを噛むと痛む
歯がグラグラする
歯ぐきがぶよぶよしている
歯ぐきを押すと血や膿が出る

歯周病の症状と治療方法

軽度の歯周病

歯ぐきに軽く炎症が起き、歯磨きをすると出血することがあります。歯周ポケットがやや深くなりますが、まだ痛みはありません。


SRP

歯周病菌が棲みつくプラークや歯石を、スケーラーという器具を用いて徹底的に取り除く処置をします。最後にルートプレーニングによって歯面を滑らかにし、汚れの再付着を防ぎます。


歯周ポケット掻爬(そうは)

歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石、また感染した歯肉部分を取り除く処置です。歯周ポケットの深さが4mm程度の軽度の歯周病に対応します。


中等度の歯周病

歯ぐきの腫れが増して出血が見られ、歯を支える顎の骨が溶かされはじめています。歯はややグラグラして浮くような感覚があり、口臭も現れます。


フラップ手術

局所麻酔を施したうえで歯ぐきを切開して歯根面を露出させ、歯周ポケットの奥深くにこびりついたプラークや歯石、感染した歯周組織を取り除き、最後に歯ぐきを縫合する外科治療です。


重度の歯周病

歯を支える顎の骨が半分以上溶かされ、歯は大きくグラグラします。膿が出て口臭も増し、放置すれば歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。


GTR法

失われた歯周組織を再生するための治療です。再生させたい部分にメンブレンという特殊な膜を入れてスペースを確保し、歯周組織の再生を促します。メンブレンは治療後に取り除きます。


エムドゲイン法

GTR法と同じく、失われた歯周組織を再生するための治療です。再生させたい部分にエムドゲインゲルという薬剤を入れてスペースを確保し、歯周組織の再生を促します。


CTG(結合組織移植)

歯肉が足りない部分に、上顎の口蓋(こうがい)から結合組織だけを切り取って移植する外科治療。下がってしまった歯ぐきを再生するために有効な治療法です。


FGG(遊離歯肉移植)

歯肉が足りない部分に、上顎の口蓋(こうがい)から、上皮のついた歯肉を切り取り、移植する外科治療です。CTG同様、下がってしまった歯ぐきを再生するために有効な治療法となっています。

35.63379682411937,139.6607225730163

高野デンタルクリニック

35.6342241,139.66065819999994